おすすめのシミ消しクリームランキング

おすすめのシミ消しクリームランキング

シミは一度できてしまうと長期にわたってメラニン色素が沈着するため消えることをあきらめていませんか?

でも大丈夫です。

シミを還元化するハイドロキノンやアルブチンなどの美白成分が含まれたクリームならば頑固なシミにもしっかりとアプローチしてくれるため効果的な美白ケアが可能です。

ここでは効果の高いおすすめのシミ消しクリームを紹介しているので自分に合ったものを見つけることができますよ。

ただ、「シミを消す方法ってクリーム以外にもあるのでは?」と思う方もいるはずなので、まずは他のシミ消し方法と比較した際になぜシミ消しクリームが効果的なのかを解説します。

※紹介しているシミ消しクリームの効能については個人による感想のため、その効能を保証するものではございません。

シミ消しクリームが効果的な理由

シミを薄くする方法として代表的なのは以下の4つになります。

  1. 食事の改善
  2. レーザー治療
  3. ビタミンC錠剤の摂取
  4. シミ消しクリーム

まず食事の改善の場合には、ビタミンCやビタミンEといった抗酸化作用が強く、メラニン色素を還元化する働きのある成分を摂取する必要がありますが、毎日これらの成分を充分に摂取するのは大変です。また、摂取した分の栄養の少ししかシミの部分に行き届かないためあまり効率が良くありません。

次に皮膚科やクリニックで受けられるシミのレーザー治療ですが、保険適用外のため一回当たり一万円以上オン治療費を支払う必要があります。また、一回でシミが消えることはなく何回か通院する必要があるため、出費がかさみやすいです。ただ、効果は高いため即効性を求めている方向きです。

もう一つはビタミンC錠剤の摂取ですが、食べ物でビタミンCを摂取するよりも効率よく摂取ができますが、実際に試してみるとシミの予防にはつながりますが、できてしまっているシミを薄くする効果はあまりないというのが本音です。

その点、シミ消しクリームの場合には肌に美白成分を塗りこんでいくため、シミの部分に対して直接アプローチすることができシミを薄くしていきやすいのです。

シミ消しクリームで消えるシミの種類

シミの種類

1.老人性色素班

紫外線の影響により不規則な成井形でできるシミです。多くの方がこちらのシミができやすいけいこうにあります。

2.炎症性色素沈着

ニキビ、日焼け、ケガによりできるしみです。

3.肝斑

産後にホルモンバランスの変化で両頬にできる茶褐色のシミです。

クリームで消えないシミ

1.そばかす

遺伝性のシミのためクリームの成分で還元化することが難しいです。

シミに効果的な成分一覧

1.ハイドロキノン~強力なシミ消し効果~

ハイドロキノンはメラニン色素を生成するメラノサイトの働きを抑える働きを持っています。数ある美白成分の中でも還元化に優れており、皮膚科やクリニックでもシミや肝斑に悩む方に対して処方される成分です。

こちらも読まれています

>>おすすめのハイドロキノンクリームランキング

2.アルブチン

ある美陳る美tンはコケモモやクランベリーに含まれている成分です。ハイドロキノンと比較すると美白効果は劣りますがメラニン色素の生成を抑えてくれます。

3.ビタミンC誘導体

ビタミンCが美白に有効だと知っている方は多いと思いますが、そのままの状態だと酸化しやすいため化粧品として使いやすいように改良されたのがビタミンC誘導体です。肌への浸透力が高く持続的に効果を発揮してくれます。

4.トラネキサム酸

トラネキサム酸はシミの炎症を抑えながらメラニン色素の生成を抑える効果があります。

5.トレチノイン

トレチノインは表皮細胞の分裂を促進する成分でシミの部分の細胞の入れ替わりを早めてくれる効果があります。皮膚科やクリニックで処方されないと使用できない成分です。

6.コウジ酸

コウジ酸はその名前からも分かる通り、米麹に含まれている成分です。美白成分として認められておりこちらもメラニン色素の生成を抑える働きがあります。

おすすめのシミ消しクリームランキング

1.ビーグレン Qusomeホワイトクリーム

ビーグレンホワイトクリーム

ビーグレンのQusomeホワイトクリームは低刺激化されたハイドロキノンを配合しているため、敏感肌の方でも安心して使用することができるクリームです。

公式でサイト限定でQusomeホワイトクリームと4つの美容アイテムのトライアルセットが税込1800円で購入できるためお得です。

※7日分のトライアルセットです。

ビーグレン Qusomeホワイトクリームの口コミ

地黒が悩みで色々なホワイトニングケアを試して来ましたが、こちらの商品はヒットでした。デパコスと比べ物にならない即効性と敏感肌でも優しい処方で安心して使えます。1ヶ月間の効果としては目元のVライン、頬のくすみ抜けです。夕方のくすみも気になりません。

引用元:ビーグレン公式サイト

>>もっと口コミを見る
ビーグレンの公式サイトはこちら

ビーグレンのレビューはこちら

2.【ドラッグストで人気】ケシミンクリーム

ケシミンクリーム

ドラッグストアには必ず置いてある定番のケシミンクリームです。製薬会社の小林製薬が徹底的な研究の元に開発したクリームなので使ってみればその効果が分かりますよ。

有効成分のビタミンC誘導体とビタミンEがメラニンの生成を抑えてくれます。

ケシミンクリームをAmazonでチェック

ケシミンクリームのレビューはこちら

3.【できはじめのシミ対策に】メラノCC Wビタミン浸透美容液

メラノCC

シミ消し商品としてケシミンクリームと同じぐらい知名度の高い「メラノCC」。

正確には美容液なのでクリームとは違うのですが効果があったので紹介いたしました。こちらも製薬会社が開発しているので安心して使用することができます。

ビーグレンやケシミンクリームと比較すると実感力はやや劣りますが、シミがうっすらとでき始めたという段階の方には十分効果的です。

メラノCCをAmazonでチェックする

メラノCCのレビューはこちら

シミ消しクリームの比較

シミ消しクリームの比較

ランキングで紹介した3つのシミ消しクリームを価格とシミ消し効果の軸で分類してみました。メラノCCとケシミンクリームは価格がお手頃な分シミ消し効果はやや低めですが、ホワイトクリーム1.9は効果が高い分それなりに価格が高いです。

うっすらとしたシミ程度ならメラノCCやケシミンクリームだとコスパがいいですが、濃いシミの場合にはホワイトクリーム1.9でないとなかなか効果を実感しにくいかもしれません。

>>ビーグレンの公式サイト

>>メラノCCの販売ページ

>>ケシミンクリームの販売ページ

シミ消しクリームに副作用はないの?

シミ消しクリームでハイドロキノンが配合されているものは濃度が高いほどに肌への刺激が強いため炎症を引き起こすリスクがあります。ただ、ここで紹介したハイドロキノン含有のクリームは濃度は低いため安心して使用することができます。

シミ消しクリームQ&A

産後・妊娠中にクリームを使っても大丈夫?

妊娠中と産後はホルモンバランスが変化しているため肌がいつもよりも敏感になていることがあるため、パッチテストを行うことが不可欠です。

また、問題なく使用していても急にホルモンバランスが変化して炎症・肌荒れを起こしてしまう場合もあるためその際にすぐに使用を控えましょう。

日焼けした肌に塗っても大丈夫?

日焼けした肌に使用するのは問題ありませんが、肌が赤くなっている状態で塗ると炎症を悪化させる可能性があるため、赤みやひりつけがおさまってから使用しましょう。

短期間でシミを薄くするコツはある?

できるだけで短期間でシミを薄くしたいなら美白に特化した化粧水を併用すると効果的です。個人的に良かったのは白潤の美白美容液です。美白作用のあるトラネキサム酸やビタミンC誘導体がたっぷりと配合されているので、使うたびに肌が改善していきますよ。

>>白潤の美白美容液の詳細はこちら

>>もう一度ランキングの1位から見る

▼ハイドロキノンクリームのみのランキングもあります。
>>おすすめのハイドロキノンクリームはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました