産後のシミの原因と消す方法

産後のシミを消す方法

産後になると頬にぽつぽつと茶褐色のシミができやすいため、気になってしまう方が多い傾向にあります。産後のシミはホルモンバランスの変化で引き起こされることがほとんどですが、ここではシミを消す方法について解説します。

産後にシミができる原因

1.ホルモンバランスの変化

産後のホルモンバランス

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌は出産でピークに達し、産後は劇的に分泌が減少します。女性ホルモンは肌の新陳代謝を維持する働きがありますが、それが低下することでメラニンが発生しやすくなり、さらにターンオーバーの周期が遅くなることでシミが沈着するようになります。

2.育児で忙しくて紫外線対策を怠ってしまう

産後は赤ちゃんの世話でとても忙しいため、自分の美容の時間なんてなかなか確保できないものです。それもあり外出する際に、今までならきちんと行っていた紫外線対策を怠ってしまう方が多く、シミができてしまうことがあります。

※産後以降は肌のバリア機能が低下しているため本当はいつも以上に徹底的に紫外線対策をする必要があります。

3.産後のストレス

ストレスはメラニンを発生させる原因でもありますが、産後は育児やホルモンバランスの変化による気分の浮き沈みでストレスをとても感じやすい時期です。

紫外線対策をしっかりとしていても強いストレスを感じたまま生活していると知らず知らずシミが濃くなることがあるので注意が必要です。

産後にシミができやすい部位

1.顔

産後に最もシミができやすいのが顔です。それまでシミがなかったのにぼんやりとシミができてきて徐々に濃くなっていきます。

産後は化粧をする時間も十分に取れないのに対してコンシーラーでシミを隠す必要があるので面倒と感じている方が多いようです。

2.胸・乳首

人の目には付きにくい部分ですが、胸や乳首も産後を境にシミができやすい傾向にあります。

胸は女性ホルモンと密接に関係にしているため分泌量が減ると徐々にシミが増えてきます。また、乳首は母乳育児をされている方ですと赤ちゃんが吸い付くため、その刺激でシミが濃くなりがちです。

3.手・腕

手と腕のシミはなかなか隠すことができず「老けて見られやすい」という悩みが多い傾向にあります。

産後のシミを消す方法

ホルモンバランスが安定するまで待つ

産後は赤ちゃんを出産していることもあり、妊娠中とはまた別のホルモンバランスになるため不安定な状態が続きます。

時間とともにホルモンバランスは安定してくるため、シミもできにくくなっていきます。ターンオーバーの周期も整ってくるためシミが若干薄くなるのを実感できることがあります。ただし、シミが完全に消えるわけではありません。

また、肝斑はほとんどの場合、自然消滅するため放置したままでも問題ありません。

ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使う

手軽にできるシミ対策としては普段使っている化粧水をビタミンC誘導体が配合されているものに切り替えることです。ビタミンC誘導体は肌のターンオーバーを促進したりメラニン色素を還元化する作用があるため徐々に肌を改善していくことができます。

ハイドロキノン配合のシミ消しクリームを使う

産後のシミを薄くするのに効果的なのはシミ消しクリームを使うことです。シミに効果的なハイドロキノン、トレチノイン、ビタミンC誘導体などが配合されているため、メラニン色素にしっかりとアプローチしてくれます。

※特にハイドロキノンがシミに対する還元化作用が高いのが特徴です。

こちらも読まれています

>>おすすめのハイドロキノンクリームランキング

シミ用の医薬品を使う

ドラッグストアにあるシミ用の医薬品にはLシステインとビタミンCがセットで配合されているハイチオールCやトランシーノといった製品がありますが、シミに対する効果が高くおすすめです。

L-システインは「ターンオーバーを正常化」「体の代謝(エネルギー産生)をサポート」「抗酸化作用」の3つのはたらきにより、体の内側からシミ・肌荒れなどの肌トラブルを改善し、体の疲れ・だるさに効果を発揮します。

引用元:L-システインのはたらき|ハイチオール

レーザー治療を受ける

皮膚科やクリニックではシミ用のレーザー治療を行っているところがありますが、シミ消しクリームよりも効果が高いのが特徴です。保険適用外のため自己負担となりますが、即効性があるため短期間でシミを消したい方に最適です。

参考:湘南美容クリニック

シミの治療には簡便にできる外用薬や内服薬のほかに, 理学療法 (イオントフォレーシス・凍結療法) や光を用いた治療法 (レーザー・IPL; Intense Pulsed Light) などが存在する. 実際のシミ治療の際, これらの治療法は単独で, 時に複数の治療法をコンビネーションして行われるが, 前述のようにシミには様々な種類があるので, まず症例ごとに適切な診断がなされた上で, 効果的なシミ治療が行われるべきである.

引用元:https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjmj/52/3/52_437/_article/-char/ja/

上記の引用にあるようにシミといっても様々なタイプが存在するため、レーザー治療を受ける際には自分のシミに合った治療法を受けるのが最適です。

産後のシミ取りのレーザーはいつからがいい?

シミ取りのレーザー治療は産後のホルモンバランスがある程度安定してきてからうけるのがおすすめです。具体的には産後半年が経過してぐらいが適切です。

逆に産後直後に受けるとホルモンバランスが不安定でレーザーを受けた後にもシミができてしまう可能性があります。

まとめ

産後のシミの原因と消す方法を紹介してきましたが、シミを消すのは時間がかかるため長期的に取り組んでいく必要があります。

また、シミ消しに効果的なクリームについて以下の記事で紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

>>おすすめのシミ消しクリームランキング

>>おすすめのハイドロキノンクリームランキング

タイトルとURLをコピーしました