妊娠中にシミができやすい原因と対策

妊娠してからシミが増えたり、濃くなっているのを見ていると「いつまで続くんだろう?」と不安になるものです。

ここでは、妊娠中にシミができる原因と予防方法について詳しく解説します。

妊娠中にシミが増えたり濃くなる原因

1.ホルモンバランスの変化

妊娠中には女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンの二つの分泌量が増加するため、シミを生成する細胞であるメラノサイトが活性化されメラニン色紙をが発生しやすくなります。

胎児が大きくなる妊娠中期から妊娠後期にかけて女性ホルモンの分泌がより増えやすくなるため、その分肌のバリア機能が低下しやすくなります。

さとり
さとり

出産するまでホルモンの分泌量は増加してシミができやすいので外線対策などをしっかりと行う必要があります。

2.妊娠中のストレス

妊娠中はつわりなどのマイナートラブルが発生するため、それに伴いストレスを感じやすくなりますが、メラニン色素はストレスの影響で生成されることもあります。

あまり外出することがなかったのにシミができてしまったという場合にはストレスの影響が考えられます。

妊娠中のシミの予防法

1.外出時には日焼け止めを徹底的に塗る

妊娠中は妊娠前よりも紫外線のダメージを受けやすい外出前には必ず日焼け止めを塗りましょう。

また、買い物の場合には紫外線の強くなる日中は避けて夕方以降に行くのがおすすめです。

2.自分なりのストレス解消を行う

妊娠中はストレスと切り離せない期間です。なるべく精神的な負担を減らすためにもストレッチをしたり、アロマの香りでリラックスするなど自分なりのストレス解消を実践することが結果的にシミの予防にもつながります。

妊娠中のシミを薄くする方法

妊娠中はシミは早い段階でシミ用のクリームやシミ用の医薬品を摂取するのが効果的です。クリームの場合にはハイドロキノンやアルブチンといった成分、医薬品の場合にはLシステインが配合されているものがメラニンを薄くする働きがあります。

>>おすすめのハイドロキノンクリームはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました