ナンパでセフレを作る方法

セフレを作る代表的な手段として有名なナンパですが、「やってみたいけど恥ずかしい」と思って実践にまで至らない人が多いのが現状です。

そこでここでは初心者でもナンパができるようになるコツやナンパについてきそうな女性の見分け方について紹介します。

まずは外見を磨く

「ルックスを良くしろ」、これは実力のあるナンパ師が初心者のナンパ師によく言うセリフです。モテるためにはルックスをよくする必要があるということは当たり前ですがこれをきちんとできている人が少ないのが現状です。

これからナンパを始めようとしている方の場合、いつものような身だしなみでナンパをすると女性にシカトされまくってつらい思いをすることになるでしょう。毎日自分の顔を鏡で見ているはずですが、自分ではいい顔と思っていても女性からするとイケてないとケースは良くあります。

ナンパの場合、女性は声をかけられてからほんの数秒で相手の男性の印象を下すため、ルックスが悪いと「ナシ」と思われて立ち去られてしまいます。

そのため。髪型については美容院でおしゃれな髪型やかっこいい髪型に切ってもらい、眉毛については眉毛サロンで似合う形に整えてもらってルックスを改善する必要があります。

また、最近では男性が肌をきれいを見せるために行う「メンズメイク」という化粧もひそかに人気があるためそちらも検討してみるのもありです。

ナンパについてきそうな女性の特徴

1.買い物帰りの女性

アパレルショップや雑貨店から一人で出てきた女性は基本的にその日は誰とも会わない約束の女性が多い傾向にあるためナンパしやすいです。声をかける際には直前に立ち寄っていたお店のことを交えながらトークすることを意識すると女性の方も話しやすくなるはずです。

2.急ぎ足でない女性

友人との約束がある女性は待ち合わせ場所に向かってすたすたと素早く歩いていきますが、逆に暇な女性はゆっくりとしたペースで歩いているため、そういう人を見かけたら暇な可能性が高いです。

街中で暇そうに歩いている女性は刺激を求めている場合もあるため人によってはナンパに好意的なこともあります。

声をかける時のコツ

1.女性の斜め前から声をかける

ナンパ初心者の方は好みの女性とすれ違ったときに追いかけて後ろから声を掛けますが、これは女性からすると顔が見えない相手から声をかけられているため不安感を高めてしまいます。

不安感をなるべく与えないためにも女性の斜め前の方まで出て女性がこちらを認識してから声をかけることで心を開いてもらいやすくなります。

2.女性の目をしっかりと見る

女性慣れしていない人がナンパした場合、声をかけた時に女性の目を直視できていないことが良くあります。女性は相手の目を見て話せない人を無意識的に「自信のない男性」と評価するためしっかりと目を見るようにしましょう。

セックスできてもセフレにできないケースに注意

ナンパをして女性を連れ出すことに成功してセックスすることができても後にlineをブロックされてセフレ化に失敗してしまうことがあります。

これには複数の要因が考えられますがよくあるものとしては男性側が女性が満足するようなセックスをすることができなかったということが挙げられます。自分本位でセックスをしてしまうと女性側は「私って性欲処理のために利用されてる?」と感じてしまうため別れた後にlineブロックされてしまうというわけです。

AVのような激しいセックスは基本的に女性は嫌うため女性向けのAVを見てムードの作り方や善城の仕方などを学ぶとセフレ化しやすくなります。

 

ここまでナンパでセフレを作る方法について紹介してきましたがその他の方法については「セフレの作り方」のページでも紹介しているのでぜひ参考にしてみて下さい。